column

腰痛でお困りの小石川在住10代女性

こんにちは。

文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

腰痛でお困りの文京区小石川在住の10代女性の施術例。

腰痛、仙腸関節痛

文京区小石川在住の10代女性が腰痛で来られました。

1年前に腰を捻ってしまい、仙腸関節捻挫と診断され、長期間にわたり痛みがあるとのことでした。

普段運動をしているということで、運動時の痛みや長時間座っている際に痛みが強くなる状態でした。

状態を確認すると、仙腸関節部に圧痛があり、特に前屈での痛みがありました。

仙腸関節

運動時に痛め慢性化してしまってる状態です。

仙腸関節はあまり動きがない関節で有名ですが、一度捻挫をしてしまっているため関節が過度に動いてしまい痛みが出ていると考えました。

仙腸関節痛に対する施術

仙腸関節に関連する筋肉に対して、手技やはり、電気療法(立体動体波)やラジオスティムなどでアプローチしていきます。

腰の上下の関節(股関節、胸椎)の可動域制限があると、腰でかばい負担がかかってしまいます。

ですので、股関節や胸椎(背筋)の可動域を確認しながら施術をしていきます。

当鍼灸整骨院からだLaboではリアラインコアを用いて骨盤矯正をしていきます。

リアラインコアの紹介

リアラインコアは、ご自身の身体を動かすことにより骨盤が正しい位置に調節されていきます。

今回のご利用者様は関節が緩くなり過度に動いてしまうことで痛みが発生していましたので、骨盤を締めてあげる必要がありました。

リアラインコアを行い前屈時の痛みは消失しましたが、長期間関節が緩くなってしまっていたため元に戻ろうとします。

ですので、繰り返し行い、正しい位置を体身体に覚えさせていくことが重要になります。

 

当鍼灸整骨院からだLaboでは、スポーツでの怪我(スポーツ外傷・スポーツ障害)に対する施術を得意としています。

ラジオスティム(高周波温熱療法)や3DEMS、鍼などを行って、柔軟性の回復や筋力の回復を促進させる施術を行い、早期復帰に導くお手伝いをしております。

腰の痛みだけでなく、お身体のことでお困りの方は、文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2022 All Rights Reserved.