column

西片で腰痛が辛い男性

小石川の鍼灸整骨院からだLaboが腰痛で悩む文京区西片の男性の例を紹介

文京区西片で腰痛に悩む男性の紹介

腰痛

会社員の男性、会社では一日中デスクワークということで通勤以外はほとんど日中は歩くことはありません。

運動は週に1回のスポーツジムに通う程度です。

数日前、ジムで腹筋をした際に腰に違和感が走ったそうです。その時は違和感程度でしたが、ジムの帰りから腰の違和感から痛みに変わってきて、翌朝には完全に腰痛となり腰が伸びなくなり真っすぐに立てず、上体が斜めになっているのがご自身でもわかるほどだったようです。

状態を確認すると、大腰筋と呼ばれる体幹筋が硬くなり腰が伸びなくなっていました。大腰筋は腰に繋がるため腰痛を引き起こしたと考えられます。

大腰筋

腰痛に対する施術について

施術は、今回の腰痛の原因の一つが大腰筋であることがわかったため、大腰筋の硬さを緩和させることを目的に電気療法を行いました。

電気療法の一つは3DEMSです、本来EMSは筋トレやリハビリに使用することが主ですが、今回の大腰筋のような深い筋肉に使用すると効果的です。またラジオスティム(高周波温熱療法)で大腰筋のような深い筋肉を緩めます。

3回目の施術で腰痛はほぼ完治しました。

 

腰痛について施術担当者のコメント

長時間のデスクワークの影響で歩く頻度が少なく、また運動不足もあって大腰筋が硬くなっていたことが今回の腰痛のポイントだったようです。デスクワークが長い、あるいは座りっぱなしの姿勢は股関節や膝を曲げっぱなしなために、股関節にかかわる筋肉や膝にかかわる筋肉が硬くなりやすいです。もともと長時間のデスクワークは時に腰には非常に悪い姿勢と言われています。他にも足のむくみや血行障害、内臓圧迫など・・・・そのこともありスタンディングで仕事ができる環境の会社もあります。

ですから、時にデスクワークの方は大腰筋のストレッチをこまめにしたり、ハムストリングのストレッチも行うとよいでしょう。

 

おすすめの腰痛ストレッチをご紹介

腰痛体操

男性におすすめの腰痛ストレッチです。股関節周囲がメインとなります。なぜ股関節周囲なのか?ですが、、、

男性の腰痛の原因は股関節周囲の筋肉の硬さや柔軟性が低下しているためだからです。

臨床現場で男性とくに中年男性ですが、腰痛で来られた男性の多くはこの股関節周囲の筋肉が硬くなっていて、そこの筋肉を和らげると腰痛も軽減するというのが、多くの男性に当てはまります。

男性の方は是非この腰痛ストレッチをお試し下さい

西片にお住いの方で腰痛でお悩みの方は小石川の鍼灸整骨院からだLaboへご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.