column

腰痛でお困りの小石川の妊娠中20代女性

こんにちは。

文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

腰の痛み、腰痛でお困りの文京区小石川在住の妊娠中20代女性の施術例。

妊娠中の腰の痛み、腰痛

文京区小石川在住の妊娠中の20代女性が腰の痛み、腰痛で来られました。

痛みの発生部位は、腰でも下の仙骨に近い部位〜臀部にかけて、動作痛はなく、安静時に鈍い痛みが続くとのことでした。特に長時間座位での痛みと立ち上がった際の痛みが強くありました。

妊娠中はお腹が大きくなり重さに耐えるために、腰を反りなんとか保とうとします。反っている状態が続くことにより、腰周辺の筋肉に負担がかかり、血流が悪くなり痛みが発生してきます。

股関節なども硬くなってしまい、より循環が悪くなり、動かすのも一苦労になります。

腰が剃るだけでなく、赤ちゃんのスペースを確保するために骨盤が横に広がってきます。広がるためにホルモンにより靭帯が緩み関節も緩みます。緩むことによって関節が不安定な状態になりますので、関節に痛みが発生したりもします。

特に図の赤い部分の仙腸関節に痛みが生じやすいです。

臀部の筋肉や背中の筋肉が硬くなることで仙腸関節にも影響を及ぼしてしまいます。

仙腸関節

妊娠中の腰痛に対しての施術

妊娠はおめでたい事ですが、身体の変化が多く起こります。ホルモンでの変化であったり、お腹が大きくなることでの変化など。

ですが、食事の面や、お薬の服用が出来なかったり、無理な身体の使い方が出来なかったりと制限がかかってきます。

血流循環が悪くなってしまいますが、運動したり、身体を動かせないため、自力でなんとかすることが難しいです。

当鍼灸整骨院からだLaboでは、妊娠中でうつ伏せが困難な場合でも、横向きでの施術を行います。腰痛であったり、足のむくみであったり、肩こりや首こり、頭痛などにも対応しています。どうしても負担がかかってしまうので、その分のケアをしてあげることが重要になります。

妊娠中は筋肉に対しての施術がメインで負担の軽減を目的とし行いますが、ご出産後は負担のかかりにくいお身体を目指します。

妊娠中では、お腹が大きくなり、周辺の靭帯や筋肉が伸ばされ、力が入りにくく関節が不安定になります。その状態を放っておいてしまうと、後々ギックリ腰などの腰痛につながってしまいます。

ですので、産後の施術としては、骨盤の調整や、しっかりと力が入るような軽いエクササイズなど行います。元の骨盤の状態に戻すことで負担のかかりにくいお身体になります。

 

産前・産後にしっかりとケアをしてあげることで数ヶ月後、数年後の身体に違いが出てきます。

妊娠中や出産後の腰痛でお困りの方は、文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院身体Laboにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2022 All Rights Reserved.