column

手のしびれでお困りの小石川の40代男性

こんにちは。

文京区小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

肩の痛み、腕の痛み、手のしびれでお困りの文京区小石川在住の40代男性の施術例

肩の痛み、腕の痛み、手のしびれ

文京区小石川在住の40代男性が肩の痛み、腕の痛み、手のしびれで来られました。

一番強い症状は手のしびれでした。

手のしびれには多くの原因がありますが、神経や動脈を圧迫することによって発生します。圧迫している部位によってしびれの部位や痛みの部位が変わってきます。

長い時間正座やあぐらをかいていると、足がしびれてきませんか?

それと同じでどこかで神経や動脈を圧迫している状態です。正座をやめればしびれは回復しますよね?圧迫している部位を解放することで軽減します。

しびれはどこで神経を圧迫しているかがとても重要になります。神経を圧迫することで神経の伝達が悪くなったり、動脈を圧迫することで血流循環が悪くなってしまいます。

筋肉などの組織が硬くなって圧迫しているのか、

それとも姿勢が悪くなって圧迫しているのか、

などと様々な原因があります。

細かく検査をしたところ、今回のご利用者様は、胸郭出口症候群の疑いが強くありました。

胸郭出口症候群とは?

上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みや肩こりなどが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。

腕につながる神経や動脈を圧迫することで起こります。

絞扼部位によって、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群(過外転症候群)と呼ばれますが、総称して胸郭出口症候群と言います。

腕を上げたり肩を上げたりした際に、腕のしびれや脱力感を感じる場合でも胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭出口症候群

頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、脊髄腫瘍などは症状が似ているため、これらの疾患との鑑別も重要です。

胸郭出口症候群に対しての施術

原因として、姿勢不良やリュックサックによる圧迫などがあげられます。

どの原因にしろ、鎖骨付近での神経、血管を圧迫してしまうことにより起こりますので、圧迫されている部位周辺の筋肉を柔らかくし循環を良くすることが必要となります。筋肉に対しては、手技や鍼、電気療法など状態に合わせて行います。

筋肉のみの施術ですと姿勢は改善していないため、また同じ日常生活を送っていると再発することが多いです。

ですので、背骨に対しての施術も行っていきます。骨盤が背骨の土台になっていますので、骨盤の調整をすることでより姿勢を正しくしやすくなります。

当鍼灸整骨院からだLaboでは、リアラインコアを用いて改善していきます。

リアラインコアの紹介

ご自身でケアできる事としては、入浴などで体を温めることで、血液循環が促進され、疲労回復や血流低下の改善にも効果的です。日常生活の中では、重い荷物は腕が引っ張られて症状を悪化させるので、できるだけ手で持たないようにしましょう。

筋肉が硬くなる原因として、長時間同じ姿勢やあまり筋肉を動かさなかったり、逆に使いすぎによるものだったりと様々な原因があります。筋肉を使わないと血流が悪くなってしまうので、できるだけ大きく動かしてあげることで改善する方もいらっしゃいます。ですので、合間などでストレッチや軽い運動をすることをお勧めします。

 

肩や腕の痛み、肩こり、手のしびれ(胸郭出口症候群)などでお困りの方は文京区駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2022 All Rights Reserved.