スポーツ障害

このようなお悩みありませんか?

  • スポーツ中にケガをしてしまった
  • スポーツのケガの予防をしていきたい
  • 早くスポーツの現場復帰をしたい
  • よく捻挫ばかりする

 

スポーツ障害とは?

縄跳びで運動

野球風景

サッカー風景

テニス肘とは

主に肘の外側に痛みが現れます。特にテニスやラケットを使うスポーツに多く使い過ぎによる腱の炎症です。

 

ゴルフ肘とは

肘や手首の周辺にある筋肉の使い過ぎにより肘の内側に痛みが現れます。

痛みが出てくると安静にしていてもなかなか痛みがとれないことが多いです。

 

ジャンパー膝とは

バスケットやバレーボールなどジャンプが多い競技でよく発生します。

繰り返しの動きで膝にある靭帯にストレスがかかり炎症を起こします。

スポーツ障害で多い症例となります。

 

ランナー膝とは

陸上などランナー選手に多く、膝の外側に痛みが現れます。

熟練したランナーにもありますが、特に社会人の方でマラソン大会に出場したりするとオーバーユースにより外側にある靭帯や筋肉にストレスがかかり炎症を起こします。

また骨盤のゆがみや姿勢が悪い方に多くなりやすいので患部の施術と一緒に骨盤や姿勢を調整してあげると再発防止にも繋がります。

鵞足炎(がそくえん)とは

サッカーやバスケットボールなど細かい走りやステップをする競技に多く、太ももから膝の内側に付いている大きな筋肉が炎症を起こします。

太もものストレットはもちろん、太ももの筋肉は骨盤に繋がっていますので股関節などの痛みも併発しやすくなりますので早めの施術を行いましょう。

肉離れとは

スポーツ障害では、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、サッカー、剣道、柔道、野球、空手、陸上など多くのスポーツ競技で発生しやすいケガです。特にダッシュのスタート時、ダッシュからの急ストップやボールを蹴る瞬間などの急な動作時に筋肉が引き伸ばされた時に発生します。

怪我の部位は太ももやふくらはぎに多く、痛めた瞬間は、激痛が出ることが多いです。痛めた際にはすぐプレーを中止してアイシングと圧迫が重要です。ケガから3日くらい経過してから内出血などがでて1~2週間ほど歩行も困難なことが多いです。

文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboでは多くのスポーツ選手が愛用している早期回復の高周波電気機器でスポーツの早期現場復帰が可能ですのでスポーツ障害でお悩みの方は鍼灸整骨院からだLaboにご相談ください。

整体風景

 

 

〒112-0002
東京都文京区小石川1丁目16-16 レキセン沖本ビル2F

都営三田線・大江戸線「春日」駅

改札口A6出口西片方面・A5出口小石川方面より徒歩3分

東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」より徒歩8分

鍼灸整骨院からだLabo

文京区小石川の鍼灸整骨院からだLaboの受付時間

※土曜日・日曜日の午後の受付は15:00~17:00まで

予約優先制 祝日休診

ご予約はこちら

ネット予約はこちら

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.