column

足の痛み・成長痛のお悩みの方へ

初めまして、小石川の鍼灸整骨院からだLaboです。

こどもの足の痛み・成長痛についてお話します

〇お子様にこんな症状はありませんか?

・ 夕方から夜や寝ている時、たまに足の痛みを訴える

・ 夜、痛みで泣き出してしまうほど足が痛いというが、翌朝にはケロッとして走り回っている  など・・・

そんな症状が何度かあると、「病院に行った方が良いのかな?」と心配になりますよね。

しかし、その痛みはもしかしたら「成長痛」かもしれません。

小石川の鍼灸整骨院からだLaboでも、足の痛みや成長痛で多くのお子様がいらっしゃいます。

ご心配の親御さんはご相談下さい。

成長痛

成長痛とは?

成長期(幼児期、学童期、思春期)のこどもの足(下肢)の痛みの総称として広く使われています。

そのため、膝のオスグッド病やシーバー病など運動をしているお子様に多いスポーツ障害も「成長痛の一つ」として、表現されてしまうことがありますが、ここでの「成長痛」は実は同じではありません。運動が影響した成長痛ではなく日常的な生活環境や家庭環境などの外的・内的要因による「成長痛」

の話です。

*「オスグッド病」ー

膝のお皿の下が痛む症状。階段や走ると痛みが強くなる痛み。赤く腫れたりジンジン痛むこともあります。未熟な骨が筋肉によって引っ張られて痛みを発する症状です。サッカーやバレーボールなど太ももから膝に負担のかかる運動をする子に頻発しやすいです。

太もも前の筋肉のストレッチや温めると良いです。痛みが強いときは無理な運動は避けたほうが後々のために良いです。

*「シーバー病」ー

かかとが痛む症状。地面との衝撃でも痛むため、つま先歩きになる。ふくらはぎのストレッチやマッサージしてあげましょう。ふくらはぎの筋肉は張り過ぎて未熟なかかとの骨が引っ張られて痛むのです。 剣道やバスケットボールなど硬い地面からの衝撃を受けやすい運動やジャンプの多い運動に多く頻発します。

 

成長痛の症状

・ 夕方~夜(寝ている間)や朝方に痛みを訴える

・ ずっと痛い訳ではなく、月1~2回、週1~2回など不定期に痛む

・ 遊んでいる時や学校、幼稚園では痛みの訴えは少ない、あっても一過性

・ 痛む部分が腫れる、押すと痛む、関節運動などの動きは大丈夫

・ レントゲンを撮っても、特に異常はない

・ 両親がさすってあげる、触ってあげると痛みが消えることがある

この状態が2週間~1か月ほど続いている場合は成長痛が考えられます。

 

成長痛バランス

成長痛の原因

骨の成長に伴って痛みが発生することは医学的にはなく、痛みの原因は今のところはっきりしていません。

しかし、成長痛の原因にはストレスが関係していると考えられています。

大人でストレスが溜まると、頭痛や腹痛げ出る人もいますよね?こどもにも心のストレスが足の痛みとして現れることがあります。

しかしそれは親御さんの責任ではありません、お子様は成長の過程で、生活できるようになるうえで年齢ごとにいろいなストレスを感じているのです。

ちょうど第一成長痛が多くなる3歳~5歳頃は、自分でやらなければならないことが増えてストレスが溜まる時期です。

・ 食事やお風呂、歯磨き

・ 遊んでいるのをやめなければならない

・ 保育園や幼稚園の通園による団体生活

・ 友人関係

さらに小学生になれば友人関係や学校の先生との関係、習い事へのストレス、12歳以降の意春期になると異性関係や親子関係など、こどもの成長に伴いストレスの原因も変わってきますが、同じように心のストレスが足の痛みとして現れることがあります。

また、幼児期・学童期は足の発達が未熟な時期でもあり、偏平足や関節が柔らかいお子様もいます。日中たくさん走り回って活動すると、意外と筋肉が疲労するため夕方から夜間になると、足の痛みやだるさ不快感が現れることも原因の一つとされています。

 

成長痛の対処法

・ 親御さんはお子様の痛みを訴えている箇所を優しくマッサージしてあげることです

・ こども用のシップを貼ってあげましょう

・ 足をクッションなど少し高めに挙げてあげましょう

・ しっかりと睡眠をとるようにしましょう

・ 成長過程は筋肉が突っ張ってきます、優しくストレッチしてあげましょう(太ももやふくらはぎ)

ここまでは成長痛の話です

 

ここからは注意しなければならない痛みです。

怪我をしていないのに、以下のような症状がある場合には専門医に診てもらいましょう

・ 腫れや熱っぽさを伴う痛み

➡ バイ菌感染、外傷、成長軟骨の損傷の疑い

・ 足を引きずるような痛み

➡ 成長軟骨の損傷(骨端症)、単純性股関節炎、ペルテス病(股関節の血行障害で膝に痛みが出ることもある)

・ 股関節周囲の痛み全て

成長痛と違い、いつも同じ箇所に痛みがあったり、何日も痛み場合は要注意です。

 

「膝の痛み」や「かかとの痛み」は成長痛による痛みが考えられます。時間が経てば痛みは無くなりますが、

ご心配の方は小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

またスポーツをしているお子様のサポートもしておりますので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.