column

産後の骨盤でお悩みの方に骨盤矯正を

こんにちは。文京区小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

産後の骨盤矯正についてお話します

最近では「産後の骨盤矯正」は聞き馴染みのある言葉になっているのではないでしょうか?

出産後、骨盤は通常、3〜4ヶ月で自然と元の状態に戻ると言われていますが、現代人は昔の人達に比べると、筋力が低下していて元々の歪みや不良姿勢がある為、自然と戻りにくくなってしまいます。

戻りにくくなっている産後の骨盤を放って置いてしまうと、、、

妊娠してからの腰痛

骨盤が歪んでいる気がする

元の体型に戻したい

足のむくみ

このような症状が現れてしまう可能性が高いです。

産後骨盤矯正のタイミング

 

産後の骨盤の状態について

妊娠後期からリラキシンというホルモンが分泌されます。

このリラキシンには全身の靭帯を緩める作用があり、赤ちゃんがストレスなく出てこれるようになっいます。靭帯が緩まることによって骨盤は不安定になってしまいます。

他の靭帯も緩んでしまう為、手首や肘、足首などに痛みが出ることもあります。

子育てや家事、職場復帰など日常生活を送っていく上で負担がかかやりすいお身体になってしまいます。

そのリラキシンが作用している期間はおおよそ出産後6〜12ヶ月程度と言われております。その期間ですと、良くも悪くも靭帯が緩く関節が動きやすくなっていますので、身体を整えるチャンスです。つまりこの時期が骨盤矯正のタイミングです。

当鍼灸整骨院からだLaboでは、骨盤周囲の筋肉に対してのアプローチに加え、リアラインコアというベルトを着用し、軽いエクササイズを行い骨盤を正しい位置に誘導していきます。つまりリアラインコアで骨盤矯正をします。

その期間を過ぎてしまいますと、元の状態に戻りにくくなってしまいますので、少しでも気になる方はお気軽にご相談ください

 

骨盤周囲の筋肉・靭帯について

骨盤底筋

骨盤を支えるために筋肉や靭帯が必要です。

その中でとても重要になるのが骨盤底筋という筋肉になります。

俗に言う、インナーマッスルになります。

骨盤底筋が働いてくれることにより、骨盤は安定しますが、産後では、骨盤が開き骨盤底筋が伸びてしまい、上手くを使えなくなってしまいます。

痛みの原因である筋肉の治療をし、骨盤の歪みを整えて終わりではありません。その正しい位置に戻した骨盤を維持する為に骨盤底筋がとても重要になります。

産後は腹直筋(腹筋)がとても伸びた状態にあります。腹直筋には胸郭と恥骨をつないで引き上げる働きがあり、腹直筋の緩みによって胸郭が下がるので、産後に重さを増したバストは、クーパー靭帯でしっかり支えていないとさらに下垂しやすくなります。

恥骨が下がると骨盤底筋も伸ばされてしまい、内臓下垂を起こす原因にもなります。また、腹直筋が緩むことにより背中部分の筋肉だけでは上半身をうまく支えられなくなり、背中の痛みや姿勢の不安定にもつながり、骨盤も傾きがちになります。

骨盤の前傾状態は背骨の湾曲を増強し、腰痛が起きやすくなります。恥骨結合を含む骨盤を支えることでからだの軸の安定をはかることも、産後は重要になってきます。

上記に当てはまる方や産後に骨盤矯正をご希望の方は小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

 

 

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.