column

文京区白山在住の男性が寝違えて首の痛み

小石川の鍼灸整骨院からだLaboから寝違え、首の痛みでお困りの文京区白山の男性の例を紹介

寝違えて首の痛みでお困りの男性

文京区白山在住の男性が1週間前に寝違えをして首を痛めました、数日間は首の痛みがあって動かすことが大変だったようです。

1週間経過してもまだ寝違えた影響で首の痛みがあるとのことでした。

状態を確認すると痛みがある側の肩周囲の筋肉が非常に硬くなっていて、首の動きも悪くなっていたり、首の動きによっては背中に痛みが強く走るような感じがあるとのことでした。

寝違え、首の痛みに対する施術について

施術は症状のある側をメインに電気療法と鍼の施術を行いました。まずは肩から首にかけての筋肉の硬さを和らげる事が重要と判断。

施術を開始して3回目にはかなり状態は良くなり、首の痛みはかなり軽減され、背中の痛み、強い凝りも残りわずかとなりました。

施術4回目は鍼と首の矯正を行い背中の痛みは消失しました。

寝違えやスジ違えで首が痛む 首はり

 

寝違え、首の痛みについて施術担当者からコメント

寝違えや筋違いのきっかけはもともと首や肩の凝りが酷い方に多い傾向があります。首こり肩こりは筋肉の硬さや関節の動きを悪くさせます。その結果骨が歪んだり、頭痛、めまい、自律神経の乱れなどを引き起こす要因にもなります。

今回の白山在住の男性も長時間のデスクワークにより首こり肩こりが酷い状態でした。そんな状態で寝違えを起こしたために更に首や肩の筋肉が硬くなり、関節の動きも悪くなったと予想されます。

深部まで硬くなっていた筋肉が首を動かす度に神経を圧迫したために背中に痛みが走っていたと思われます。

また今回の寝違えによる首の痛みは頚椎の歪みも関係していると考えられました。

寝違え、首の痛みは頚椎の歪みが関与

頚椎とは首の骨のことで首の骨には肩から背中に繋がる多くの筋肉が付着します。これらの筋肉は主に頭を支えたり首を動かす働きがありますが、特に前かがみの姿勢では頭の重さ(7キロから20キロ)を支えるため非常に負荷がかかります。スマホをしている時の姿勢が最も典型的な姿勢です。

また首から肩や背中に繋がる筋肉としては、肩を挙げる時や呼吸に関わる筋肉もあります。肩を挙げる動作にも影響を及ぼしたり、呼吸筋として運動時や楽器を吹くなど深い呼吸を要する場合に補助筋として働く筋肉にも影響を及ぼします。

話を戻しますが、頚椎の歪みは肩こりや首のこりによっても起こりえますし、骨盤やからだ全体のバランスをとるために歪むこともあります。

幸い数回の施術で寝違えによる首の痛みや背中が痛い状態は緩和されましたが、やはり最終的には鍼で深部の硬い筋肉を和らげ、また頚椎の骨の矯正が効果的だったようです。

寝違えによる首の痛みでお悩みの方は文京区白山から徒歩1分の小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.