column

首の痛み、寝違えでお困りの女性の施術例

小石川在住の女性が「寝違えて首が痛む」

「1週間前の早朝に首を寝違えて首が痛くて動かない」とのことで首の痛みでお越しになりました。

この女性は寝違えることや首の痛みを感じることは過去にも時々あるとのことでしたが、今回の寝違えはこれまでよりも痛みが強く長引いているとのことでした。

首の痛みの状態を確認すると、首の回旋の動作、首の上下の動作に強い痛みがありました。痛みは首から肩、背中まで広範囲にありました。押して痛むというよりも首の動きでの痛みが強くありました。

1回目は電気療法やはり施術を行い筋肉の緊張を緩和させて、痛みの軽減と首の動きの回復を目的に施術を行いました。

1回目の施術後は首の痛みは半分まで軽減し可動範囲は少し広がりました。しかし首を回すと背中に痛みが強く走るとのことでした。

2回目の施術も電気療法とはり施術を行いました。痛みは全体的にやや軽減、特に首の痛みはたいぶ軽減しました。首を回すと背中に痛みが走る症状は少し軽減しましたが痛みはあるとのことでした。

3回目の施術は首と背中の歪みを矯正しました。矯正後は首を回しても背中に痛みは走らず、痛みはかなり軽減しました。首の回旋動作や上下の動作もスムーズに動くようになりました。

ご本人いわく、首を痛める前よりも首の動きが良くなったとのことで、ようやく笑顔を取り戻しました。

その1週間後に再度首の痛みや状態をチェックさせていただきましたが、経過は順調で首の歪みを少し調整して終了しました。

担当スタッフのコメント

寝違えやスジ違えなどは突発的に首の痛みが起こります。やはり長時間のデスクワークやスマホで猫背姿勢になったりして首や肩、背中に多大な負担がかかっているからだと思います。こうした生活を続けていくと、ストレートネックとなり首や肩、背中の筋肉や関節が硬くなり動きが悪くなっていくことが予想できます。そうした蓄積によりちょっとした動作や負荷で首の筋肉や関節を痛めるようになります。

それが寝違えやスジ違えの原因です。さらに根本的な原因を考えると、頚椎という首の骨の歪みが関与することもあります。首から肩、背中の筋肉や関節が硬くなると歪みを引き起こすことがあります。今回の女性も最終的には首と背中の歪みを矯正したことで痛みが無くなりました。寝違えを起こした根本的な原因は首の歪みや背中の歪みが関与していたということがわかります。

小石川にお住いの皆様、寝違えやスジ違えなど首の痛みなどでお悩みの方は鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

寝違えやスジ違えで首が痛む

首の痛み、寝違えなど詳しくはこちら

 

 

 

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.