column

後楽園の40代女性の肩の痛み、肩こり

こんにちは。

文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

肩の痛み肩こりでお困りの文京区後楽園の40代女性。施術例。

肩の痛み、肩こり

文京区後楽園在住の40代女性が肩の痛み肩こりで来られました。

1ヶ月前から肩が動かなくなったとのことでした。昔から肩こりや首こりも感じていたそうです。

肩が動かなくなったので四十肩五十肩なのかと心配していました。

状態を確認すると、、

背中に手が回らない状態(下着をつける様な動作)で、無理に動かすと肩甲骨周辺全体的に痛みが走りました。

リフトオフ

腕を前に上げる動作、横に上げる動作は問題なかったため、四十肩や五十肩の心配はありません。四十肩や五十肩ですと、強い痛みや可動域の制限などみられます。

姿勢の評価として、猫背が強くみられ、巻き肩になってしまって負担がかかっているのではないかと考えました。

肩関節は不安定な構造をしていて、多くの筋肉や靭帯などの組織があります。ローテーターカフという肩関節の奥にある小さな筋肉の集まりがあり、関節を安定させる役割をしています。中でも肩甲下筋という筋肉が特に硬くなってしまい肩の可動域が制限されてしまっています。

肩甲下筋

図にあるように肩甲下筋は肩甲骨の裏側に付着しています。

肩の痛みに対しての施術

今回のご利用者様は、筋肉の硬さや癒着、姿勢不良や巻き肩などが主な原因になります。

筋肉に対しては、手技(トリガーポイント)やはり、電気療法、ラジオスティムなど様々な方法でアプローチしていきます。

肩関節は手では届かない深い筋肉が重要になります。はりやラジオスティムは深い部位にアプローチをすることができるため、頑固な硬さや深い部位には効果的です。

肩甲骨周囲だけでなく、背部の筋肉、胸周りの筋肉の影響もあるため、上半身にアプローチしました。可動域の制限が強くみられたため、関節を動かしながらの施術も行いました。

猫背になってしまっているため、背骨の動きを出すよう、背骨の矯正やストレッチを行い改善していきます。背骨の動きを出すことにより、肩甲骨の動きも改善されます。

姿勢不良は日常生活での身体の使い方によって癖付いてしまっていますので、ある程度継続して施術する必要があります。

筋肉や関節が固まらないよう、痛みがない範囲で動かすよう指導しました。

綺麗な姿勢、負担のかからない姿勢を維持するために、体幹の筋肉(インナーマッスル)が必要です。当鍼灸整骨院からだLaboでは、EMSやエクササイズでトレーニングしていきます。

 

肩の痛みや肩こりなど、身体の不調でお困りの方は、文京区春日駅・後楽園駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.