column

肩こり、頭痛でお困りの文京区小石川在住の女性

こんにちは。

文京区小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

肩こり・頭痛でお悩みの文京区小石川在住の女性の施術例

肩こり・頭痛

文京区小石川在住の40代女性が肩こり頭痛で来られました。

肩こりや頭痛が気になり始めたのは1年くらい前からで、ここ最近で症状がひどくなってきたとのことでした。

ご利用者様は、普段長時間のデスクワークをしていて、夕方からの頭痛や天気が悪い日などにが出ることが多い。

状態を確認すると、、、

ご利用者様が痛みを訴える部位は、筋肉の硬さ、しこり(硬結)がとても見られました。しこりや硬さが痛みの原因と考えました。

特に肩甲挙筋という肩甲骨から首にかけての筋肉が硬くなっています。

肩甲挙筋

肩甲挙筋は肩甲骨をあげたり、首が前に出てしまう姿勢をとっていると負担がかかってしまいます。

ご利用者様は、肩甲骨の高さが左右で違いがあり、猫背姿勢になっていて、顔が前に出ている状態でした。(最近よく言われるスマホ首)

長時間のデスクワークにより、姿勢が崩れてしまい、常に筋肉に負担がかかっているのではないかと考えました。

頭痛は夕方から出ることが多いということなので、身体を動かすことが少く座っている時間が長いため、血流循環が悪くなってしまい筋肉が硬くなってしまっていました。

肩こり・頭痛に対しての施術

今回のご利用者様は筋肉の状態がとても悪く、血流循環を改善していく必要があります。

肩や首回りだけでなく、全身のバランスを調整していきます。

筋肉の硬さやしこりに対しては、手技(指圧)やはり、電気療法、高周波温熱機器(ラジオスティム)など、部位に応じてアプローチしていきます。頑固な硬さには、はりや高周波温熱機器が効果的です。

筋肉の緊張が主な原因になりますので、ご自宅では出来るだけ温めてあげることが大事になります。お風呂で湯船に浸かったり、ホットタオルなどを目元や首、肩の痛みが強い部位当ててあげるなど。温めることにより、血流は良くなりますので硬くなるのを防いだり、止めることができます。

ホットマスク

筋肉の硬さも重要ですが、様々な組織がくっついてしまっていること(癒着)もあります。

癒着に対しては、リリース(はがす)やストレッチ、肩甲骨周辺ですと肩甲骨はがしなど行っていきます。

猫背になってしまっているため、背骨の動きを出すよう、背骨の矯正やストレッチを行い改善していきます。

背骨の動きを出すことにより、肩甲骨の動きも改善されます。

姿勢不良は日常生活での身体の使い方によって癖付いてしまっていますので、ある程度継続して施術する必要があります。

綺麗な姿勢、負担のかからない姿勢を維持するために、体幹の筋肉(インナーマッスル)が必要です。

当鍼灸整骨院からだLaboでは、EMSやエクササイズでトレーニングしていきます。

バランスパッド

上記の図はエクササイズで使用するバランスパッドになります。

頭痛について

軽い頭痛だと思い、放っておいてしまうと、頭痛だけでなく吐き気めまいなどと症状はひどくなっていきます。

頭痛の原因の70%くらいは筋肉の硬さによる循環障害が原因と言われていますが、内科的疾患の可能性も少なくはないため、症状がなかなか改善されない場合は、病院などで内科的疾患の検査をするのも一つの方法になります

 

肩こりや頭痛など、身体の不調でお困りの方は、文京区小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.