column

小石川在住の男性が肩の痛み腱板断裂

こんにちは。

文京区小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

文京区小石川在住の40代男性が肩の痛み、腱板断裂、施術例

肩の痛み

文京区在住の40代男性が肩の痛みで来られました。

1ヶ月前から肩の痛みがあり、腕を上げるのも困難なほど強い痛みでした。

運動痛と夜間痛が強く、検査をしたところ腱板断裂(または腱板損傷)の疑いがあったため、一度整形外科での検査を行うよう伝えました。

その後整形外科にてMRI検査を行なって頂いたところ、棘上筋変性断裂、肩甲下筋変性断裂とのことでした。

腱板断裂とは?

40歳以上の男性に好発し、発症年齢のピークは60代。
肩の運動障害・運動痛・夜間痛を訴えますが、夜間痛で睡眠がとれないことが一番の理由です。 運動痛はありますが、多くの患者さんは肩の挙上は可能です。

五十肩と違うところは、拘縮、すなわち関節の動きが固くなることが少ないことです。 他には、挙上するときに力が入らない、挙上するときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がするという訴えもあります。

鍵盤とは、筋肉が骨にくっつくところが白いスジのようになりそれが板状に集まっているため腱板と言われます。筋肉の損傷(肉離れ)は血が豊富なため自然に治りやすいですが、腱板断裂はこの白っぽいスジの部分が骨から剥がれるように断裂するため、自然に治ることは通常ありません。

腱板が骨と骨(肩峰と上腕骨頭)にはさまれている。腱板の老化がありますので、中年以降の病気といえます。
明らかな外傷によるものは半数で、残り半数ははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で、断裂が起きます。男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因となっていることが推測されています。

70代以降では3人に1人は変性による腱板断裂がみられる。

腱板断裂に対する施術

急性外傷で始まった時には、1~2週安静にします。
断裂部が改善することはありませんが、約70%は保存療法で軽快します。

保存療法では、手技や運動療法をメインに行います。
整形外科では、肩関節周囲炎を併発して夜間痛があると、水溶性副腎皮質ホルモンと局所麻酔剤を肩峰下滑液包内に注射しますが、夜間痛がなくなればヒアルロン酸の注射に変えます。腱板のすべてが断裂することは少ないので、残っている腱板の機能を賦活させる腱板機能訓練は有効です。

保存療法で肩関節痛と運動障害が改善されないときは、手術も選択肢の一つになります。手術には、関節鏡視下手術と通常手術(直視下手術)があります。
関節鏡視下手術の方が低侵襲で、手術後の痛みが少ないので、普及してきていますが、大きな断裂では、縫合が難しいので、直視下手術を選択するほうが無難です。どちらの手術も、手術後は、約4週間の固定と2~3ヵ月の機能訓練が必要です。

痛みがあり、安静の時間が長くなりすぎると拘縮してしまい、動かなくなってくることもあります。拘縮しないよう注意する必要があります。

 

 

当鍼灸整骨院からだLaboでは、スポーツでの怪我(スポーツ外傷・スポーツ障害)に対する施術を得意としています。

ラジオスティム(高周波温熱療法)や3DEMS、鍼などを行って、柔軟性の回復や筋力の回復を促進させる施術を行い、早期復帰に導くお手伝いをしております。

肩の痛み、腱板断裂(腱板損傷)だけでなく、スポーツでの怪我でお困りの方は文京区白山駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2022 All Rights Reserved.