column

文京区小石川の男性が足の痛み、足首捻挫

こんにちは。

文京区白山からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

小石川在住男性の足の痛み、足首捻挫の施術例

足首の痛み

文京区小石川在住の男性が足の痛み(両足)で来られました。

長い間スポーツを行なっていて、捻挫を繰り返しているとのことでした。

状態を確認すると、、、

外くるぶしのあたりに圧痛があり、繰り返しの捻挫によるものと初期処置不良による腫れが残ってしまっている状態、可動域の低下が見られました。

かなり悪い状態でありました。

足首の構造

足首の捻挫

捻挫を経験したことがある方が多いのではないでしょうか?

スポーツでの受傷が多いですが、日常生活の中でも起こることが多くあります。

内側に捻ってしまう内反捻挫が多くの割合を占めます。

捻挫

少し捻ってしまった。。。でも、時間が経てば良くなるかな?など聞くことが多いですが、しっかりと処置をしておかなければなりません。

その理由としては、

再発がしやすくなったり、

腫れが残ってしまい元に戻らなく左右で足首の形が違う、

慢性化によって痛みが残ってしまったり、

たくさんの不都合が生まれてきてしまいます。

足首の捻挫に対する施術

急性期の捻挫の場合では、炎症や腫れを抑えるためにアイシングは必須になります。またマイクロカレント療法で微弱電流を流し損傷部の回復を促進します。

回復期にはEMSで筋トレを行います。筋トレを行う目的は低下した筋力の回復を行い足首の安定性を作るためです。

初期は安静固定を徹底します。

安静固定とは、テーピングや包帯、サポーターで足首の動きを圧迫固定して、可能な限り負荷をかけないことです。

損傷した靭帯や筋の炎症や腫れの回復には圧迫固定と非負荷が最も大切です。中途半端に固定をしたり、早期に固定を外すと回復が遅れることはもちろん、長期に痛みが残存する恐れがあります。

 

慢性化してしまっていたら、足首の骨の配列が正しくないことが多いのでまず骨の配列を正しい位置に戻すことが必要になります。

周りの筋肉や靭帯などの組織が固まってしまっていますので、手技(指圧)、はり、ラジオスティム(高周波温熱療法)などで柔軟性の回復を図ります。

正しい配列の戻した後は、その位置を保てるようにしなければなりません。

本来であれば靭帯がその役割を担ってくれますが、靭帯を一度損傷してしまうと、元の状態には戻らないため関節を固定することが出来なくなります。靭帯を補うために筋肉が必要となります。ですので、筋力トレーニングが必須になります。当鍼灸整骨院では、EMSを用いて行い、関節の安定化を図っていきます。

 

当鍼灸整骨院からだLaboでは、スポーツでの怪我(スポーツ外傷・スポーツ障害)に対する施術を得意としています。

ラジオスティム(高周波温熱療法)や3DEMS、鍼などを行って、柔軟性の回復や筋力の回復を促進させる施術を行い、早期復帰に導くお手伝いをしております。

足の痛み・足首の捻挫だけでなく、スポーツでの怪我でお困りの方は、文京区白山からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.