column

手首の痛み、腱鞘炎が痛む文京白山の女性

小石川の鍼灸整骨院からだLaboから手首の痛み、腱鞘炎でお困りの文京区白山の女性の例を紹介

手首の痛み、腱鞘炎でお困りの文京区白山女性

原因は仕事やプライベートでスマホを使いすぎたためのようです。

病院で検査を受けるが、レントゲン検査では異常はなく腱鞘炎と診断されたようです。

状態を確認すると、スマホでよく使用する親指の筋に痛みがありました。恐らく、スマホをタッチしたりスライドさせる親指が過度の疲労を起こし腱鞘炎を生じたと思われます。

手首の痛み

手首の痛み、腱鞘炎について

手首の痛みは、骨折、捻挫、腱鞘炎、神経痛が主です。中でも多いのが腱鞘炎です。腱鞘炎とは、腱鞘と呼ばれるトンネルに腱(筋)が通るところで炎症が起きることです。手首や指を使い過ぎることで腱鞘に炎症が起きて腫れて腱(筋)が通りにくくなる現象です。一度このような症状が起きると手首や指を動かすたびに手首周囲に痛みを生じます。症状は圧痛、腫れ、熱感です。

手首の痛み、腱鞘炎の施術について

腱鞘炎の施術法は、初期はアイシング、固定が基本です。手首の動きを制限して固定させることが早期回復となります。痛みを我慢して使い続けると腱鞘炎は全く良くならず、逆に痛みが強くなります。

また初期以降は腱(筋)の硬さを和らげる施術が必要です、使い過ぎが原因で腱(筋)が疲労を起こして硬くなっているのだから、和らげる必要があります。施術法は鍼や高周波施術機器です。必要に応じてサポーターによる固定をします。

何度か施術を行っていくと徐々に痛みが緩和してきて、手首の痛みが和らいできます。

腱鞘炎について施術スタッフのコメント

腱鞘炎の痛みは軽度から重度まであります。重度になると激痛で手が使えなくなります。日常生活でも支障をきたしますから腱鞘炎は早期の施術や対応が大切です。しかし、腱鞘炎は初期のうちはまだまだ我慢できる程度の痛みですが、徐々に痛みが益してくるのが一般的です。末期になると電気療法や鍼では治りにくくなります。

文京区白山で手首の痛み、腱鞘炎でお困りの方は小石川の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.