column

文京区白山の30代男性がテニスで肘の痛み

こんにちは。

文京区春日からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

肘の痛みでお困りの文京区白山在住の30代男性、施術例。

肘の痛み

文京区春日の30代男性が肘の痛みで、1ヶ月前ほどから痛みが出現し始め、安静にしていても変化がないため来られました。

長年テニスを行っていて、日常生活での痛みはないものの、テニスをすると痛みが出始めるとのことでした。

状態を確認したところ

痛みの部位は肘の内側(内側上顆)にあり、圧痛が見られました。

1ヶ月前の受傷から時間が経っていて慢性化している状態で長年のテニスで酷使していました。

サーブをした際の痛み、フォアハンドにてラケットの中心を外した際に痛みがあるとのことでした。

橈側手根屈筋

特に図にある2つの筋肉が硬くなっていて、これらの筋肉が引っ張られることにより肘の内側(内側上顆)に痛みが出ていると判断しました。

競技はテニスですが、ゴルフ肘(内側上顆炎)の疑いがあります。

テニス肘は、肘の外側の痛み(外側上顆炎)

ゴルフ肘は、肘の内側の痛み(内側上顆炎)

外反肘

今回のご利用者様はオーバーユース(使いすぎ)によって痛みが発生していますが、外反肘になっていました。

外反肘になってしまうことにより、通常よりも肘の内側に負担がかかりやすくなってしまします。

外反肘

外反肘は生まれつきの先天性の方もいれば後天性の方もいらっしゃいます。

肘の外側の腕橈骨筋の収縮により腕橈骨筋が縮こまってしまい、外反している可能性もあります。

腕橈骨筋

内側上顆炎に対しての施術

痛みの出ている部位に対して、電気療法(高周波)を行いました。

周辺の前腕の筋肉(特に橈側手根屈筋)の硬さがありますので、電気療法(立体動体波)と手技を行い、

外反肘に関与する腕橈骨筋に対してもアプローチしていきました。

痛みは軽減しましたが、翌日にもテニスをするということでしたので、デーピングの処置をお伝えし出来るだけ負担がかからない状態を作っていきます。

2回目は、テニスの負担がかかっていたものの痛みは少し軽減した状態でした。1回目と同様の施術を行いました。

軽減していましたが、負担がかかってしまうと再発する恐れもありますので、安静にして頂くよう指導しました。

3回目には徐々に軽減してきました。ここで肘や肩周りのストレッチも行っていき、柔軟性をよりよくして行きます。

頻度は減らしつつも筋肉が硬くならないようにケアしていく必要があります。

軽めにテニスを行って行きますが、その際にはテーピングやサポーターで動きの制限をかけます。

 

当鍼灸整骨院からだLaboでは、スポーツでの怪我(スポーツ外傷・スポーツ障害)に対する施術を得意としています。

ラジオスティム(高周波温熱療法)や3DEMS、鍼などを行って、柔軟性の回復や筋力の回復を促進させる施術を行い、早期復帰に導くお手伝いをしております。

肘の痛みなどでお困りの方は文京区白山からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.