column

文京区白山の20代女性がギックリ背中

こんにちは。

文京区白山駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboです。

背中の痛み、ギックリ背中でお困りの文京区白山の20代女性施術例

背中の痛み、ギックリ背中

文京区白山在住の20代女性が背中の痛み、ギックリ背中で来られました。

前日に振り返った際に受傷したとのことでした。左肩甲骨の下付近の痛みでした。

背筋を伸ばしたり、深呼吸や笑ったりすると痛む状態でした。

同じような症状が過去に何度かあったとのことで、以前から負担がかかっていたのではないかと思います。

状態を確認すると、

左の背中の筋肉が右に比べて硬くなっていて、おそらく普段から身体が左に捻れている状態なのかと思います。

この時に背中に起こっているのは、ほとんどが背中の筋肉の筋繊維や筋肉を包む筋膜が微細断裂を起こしていることが原因と考えられています。

筋膜には、細かい筋繊維を包む筋膜(筋内膜・筋周膜)と、筋肉を包む深部筋膜(筋外膜)と、皮膚や皮下脂肪の下にある皮下筋膜があります。この筋膜に何かしらの負荷や衝撃が加わることで筋膜を損傷するのがぎっくり背中の正体です。軽度の肉離れと考えてもらえば分かり易いかもしれません。

「ギックリ背中」は病名ではなく、背中に急激な痛みを感じた症状を総称してギックリ背中と呼んでいます。

ぎっくり背中に対しての施術

1回目は、急性期の症状になるため、アイシングと電気療法(高周波)を行いました。

サイバー9000

周囲の筋肉でかばうため疼痛部位以外の筋肉に負担がかかっていることが多いです。そのため、腰や肩甲骨など周囲の筋肉に対しては手技(トリガーポイント)で負担の軽減を図りました。

翌日には、痛みはほとんど消えたようでした。

1週間後の2回目では、痛みはないが違和感や動きにくさが残っている状態でした。電気療法(立体動体波)と手技(トリガーポイント)を行いました。

筋肉に負担がかかってしまい今回の痛みにつながっています。

筋肉が硬くなってしまっている原因として、骨盤のねじれや傾き、姿勢不良などが考えられます。

今回のご利用者様は反り腰と骨盤のねじれが強くみられましたので、リアラインコアも行いました。

リアラインコアの紹介

 

 

今回のご利用者様は、今回の痛みが出る前に疲労や違和感があり、整骨院に行こうかと考えていたら痛めてしまったとおっしゃっていました。

痛みが出る前に違和感など少しでも感じる方は、文京区白山駅からすぐの小石川にある鍼灸整骨院からだLaboに一度ご相談ください。

お問い合わせ・ご予約はこちらへ

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.