column

足首の痛み、足首の捻挫の男性の施術例

春日・後楽園から徒歩3分のところにある鍼灸整骨院からだLaboです。

足首の痛みと腫れでお困りの男性の紹介です

2日前に駅の階段で転倒して足首を捻ったようです。

今日になっても足首の痛みと腫れが引かず、歩くのも大変な状態でしたがお越しいただきました。

状態を確認すると、外くるぶし周囲と内くるぶし周囲が赤く腫れていました。恐らく数か所の靱帯損傷をしているため足首の捻挫が疑われました。

急性期の状態のため、アイシングと電気療法、鍼の施術を行いました。処置はテーピングと包帯での固定です。

足首の捻挫の状態からすると、完治は1ヵ月と判断しました。

足首捻挫

担当者からコメント

通常足首の捻挫は外くるぶし周囲の靱帯損傷が主ですが、今回の男性は内くるぶし周囲の靱帯も損傷していたため、怪我の度合いといては足首の捻挫では中度の損傷でした。以前にも同じ側の足首の捻挫を経験していたらしく、元々足首の関節が弱かったり不安定になっていたと考えられます。

靱帯に役割について補足

関節には必ず靱帯が数本あります。靱帯があるから関節は固定されたり安定しています。捻挫は靱帯が許容範囲を超えて伸ばされたためにおきたものです。それ以上になると靱帯断裂が起きたり、関節が外れます(脱臼)します。

したがって足首に関わらず捻挫(靭帯損傷)をするとその関節は必然的に不安定になったり、ゆるくなります。(捻挫の程度にもよります)

一般的に多いのが足関節と肩関節です。時々女性の股関節もあります。

また、足首の捻挫癖のある方は、何度も捻挫を繰り返したために関節が不安定になっている証拠です。捻挫癖は残念ながら元には戻りません。場合によっては将来的に関節が変形を起こしたりして、原因もなく痛みがでたり腫れたりすることが予想されます。その際はその都度対処していくことになります。

捻挫の処置法について

当鍼灸整骨院からだLaboでは、足首の捻挫では急性期はアイシングと電気療法を行います。これは炎症抑制と除痛目的です。更に鍼での施術を行い痛みと腫れの抑制を目的とします。固定はテーピングと包帯を行いましたが、急性期は内出血などによる腫れが強いため包帯での圧迫固定が重要です。テーピングは関節の固定を行い安定性を保つ意味で行います・

急性期を過ぎれば電気療法を細胞の活性や組織の修復促進に電気のモードを切り替え施術を行います。

最終的には温熱療法で組織の活性など行い、治癒を高めます。また筋力アップのためのトレーニングも行い早期の回復を促します。

 

足首の痛み、足首の捻挫、腫れなどでお困りの方は春日・後楽園から徒歩3分の鍼灸整骨院からだLaboにご相談下さい。

 

 

 

-column

Copyright© 鍼灸整骨院からだLabo , 2021 All Rights Reserved.